秩父 露天風呂付客室 温泉 ゆの宿 和どう ブログ

冬の香りが漂い始めたちちぶ路より〜自然の神秘・霜柱編〜

霜柱.jpg

写真内の氷部分を霜柱(しもばしら)と言います。

霜柱は、
地中の温度が0℃以上かつ地表の温度が0℃以下の時に、
地中の水分が毛細管現象(毛管現象)によって地表にしみ出し、
柱状に凍結したものだそうです。

なにやら難しい言葉が多々…。

まず地表の水分を含んだ土が凍り、
そこで、凍っていない地中の水分が毛細管現象で吸い上げられ、
地表に来ると冷やされて凍ることを繰り返して、霜柱が成長するそうです。

さらに難しい説明が多々…。

また、霜柱は地中の水分が凍ってできたものであり、霜とは別の現象。

地表と地中の温度差が必要なため、
霜より短い期間しか起こらなく、
厳冬期にしか見られない現象です。

こういった冬の風物詩を実際に見て、
冬の到来を感じていただくのも良いのでは?

個人的には、
霜柱の上を歩いた時に鳴る、
「サクッサクッ」という音が好きです。

子供の頃は、よく踏み荒らしておりました。(笑)

                       参考資料:Wikipedia
その他〜見てみて〜 | comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメントフォーム

icons:

トラックバック


page top